2020年01月02日

滑り込みならず…

タイトルまんまでございますあせあせ(飛び散る汗)

昨年までは、クリスマスや元旦などは最低でも滑り込みの更新はできていましたが、
今年はそれすら間に合わずの、嗚呼、残念無念もうやだ〜(悲しい顔)

気を取り直して、、、
まずは皆様あけましておめでとうございますexclamation×2

今年こそもう少し頑張りたいと思いますので、
昨年以上に、生暖かい目で見守っていただければ幸いです。

大晦日はここにいました↓

image3.jpeg


折からの低気圧のせいで、
大井競馬場は、着いた時には強風が吹き荒れていました。

あまりの寒さに、まず一杯ダッシュ(走り出すさま)

image6.jpeg


やっぱりラーメンは塩です、塩。
竜葵(ほおずき)さん、鶏だしスープがめちゃ美味しかったです。

image7.jpeg


体が温まったあとは、いざ勝負↓
(保存用の単勝100円まで用意してレースに臨みました・爆)

image10.jpeg


あとはパドックで10Rまでひたすらひたすら待ち続けました。
しかし、とにかく強い北風が寒いこと、寒いこと…

image5.jpeg


image4.jpeg


ジャイ子さん、いやブロンディーヴァをはじめ、多くの馬がパドックで風を嫌がる素振り。
そりゃ、人間だってそんな時に走りたくないですから。

結果は、、、一番人気でまさかの5着がく〜(落胆した顔)

勝った船橋のレイチェルウーズは、北風もあまり気にする様子がなく、
パドックから気合いが乗って、いい感じでした。
しかも、分析表を作ってみたら、なかなかのダート巧者。
これからも強敵になりそうな予感がします。

体だけでなく、心も寒〜くなった大晦日バッド(下向き矢印)

でも、今日の一枚はこれですね。

image0.jpeg



あとはもう地元でお決まり?の自棄飲みからカウントダウンを迎えるのみでした。

ブロンデーヴァ、とりあえずお疲れさま。

G子.png


次回は浦和・桜花賞からの始動となるようです。
まだ成長が止まるような早熟タイプではないので、
立て直して、頑張って欲しいです。

そして同日、高知へ移籍したピオネロ君が4着に来ていました。
とにかく、どうか無事で。。。もと一出資者の願いはそれだけです。


それでは、今年一年が良いお年でありますよう揺れるハート

まずは、2020年最初のつぶやきでございました。


posted by hatoris at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月14日

お恥ずかしい限り…

assistant201908.png


zzzz2019082.png


zzzz20190822.png


皆さま、
大変大変ご無沙汰しております。
羽鳥です。

え?
もう止めたかと思っておられた?

当たり前ですよね・汗
最終更新からどれだけ経っているか…

新しい出資馬2頭のご紹介をと思っているうちに、
間もなく今年の募集も始まろうとしています。

まずはすでに勝ち上がってくれましたブロンディーバ↓

G子.png


尾花栗毛っぽいきれいな馬ですが、
デビュー前から500kg超えのなかなか逞しい女の子でした。
(羽鳥家では愛を込めて「ジャイ子」と呼んでいました)

北海道でデビュー勝ちして、
今は川崎に転厩してきました。
牝馬同士のダートなら南関でもいい勝負になるのではないかと期待しています。

そして、ピオくんの弟ラクンパルシータ↓
pio_bro.png


こちらはゲート試験は受かったものの、
馬体がまだまだのようです。
ピオくんとほぼ同じ画像を使っていますが、
毛色は違いますが、大きな作といい、
お兄ちゃんと雰囲気が似ているためです。

手抜きとは思わないで下さいね・汗

もう少しでキャロットクラブの募集馬リストが終わるので、
きちんと更新できればと思っています。
生暖かい目で見守っていただければ幸いです。。。


posted by hatoris at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月29日

滑り込みその2で謹賀新年!

happy newyear19.jpg


お約束通り?何とかもう一度更新できました。

昨日はピオネロくんがアンタレスSに出走しましたが、
まさかの12着もうやだ〜(悲しい顔)

今まで1ケタ台の着順を外したことがなかったので、
怪我でもしたのではないかと心配したのですが、
今のところ大丈夫なようで少しホッとしています。

展開も向かなかったし、
太かったし、
今回は参考外ということで、、、

でも何とか重賞タイトル取らせてあげたいのが親心。。。

モンちゃんは年明けすぐに走るようです。
後々の余力残しのためにもそろそろ未勝利脱出決めて欲しいところです。

こちらも惜しいレースが続いているNDことナイルデルタくん。
前々走前の松下先生のコメントに思わず笑ってしまいました↓

「普段牝馬と栗毛馬が好きでそばにいると興奮してしまうので、両隣が牝馬、しかも1頭が栗毛というゲートの並びが心配だったんです。ゲート内では特に問題なかったようでホッとしましたが…」


nd5.jpg


そんなお茶目な奴だとは知らなかったよ、ナイルくんexclamation×2

そんな一面を聞いてしまうと、
不届きにもソワソワするナイルくんを見たくなってしまいますね。

来年も羽鳥厩舎には新星が2頭入ります。
1頭は、多分皆様が羽鳥はこの馬だろうとすぐ思いつく馬です。
だって、毛色以外お兄さんにそっくりだった…おっとあせあせ(飛び散る汗)
皆様には名前が決まったらご紹介したいと思います。

それでは皆様、どうか良い年をお迎え下さい。


posted by hatoris at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記